モリンガとは? 沖縄県での栽培をはじめ、モリンガ樹木についてお伝えします

モリンガの栽培から加工、流通まで行ってます。沖縄県で栽培した最上質モリンガのご提供で、食の自然回帰を提唱してます。
 TOP>モリンガとは? 
モリンガ・トップページ
モリンガ茶
 
モリンガパウダー・粉末
 
モリンガとは?
モリンガの成分
モリンガの主要成分ギャバとは
モリンガの成分・BCAAとは?
モリンガの睡眠作用について
便秘解消をモリンガで
モリンガの種、種子
モリンガの苗
 
最上質モリンガとは?
モリンガ通販担当者ページです。
モリンガ専門店・店舗案内
モリンガ通販のご利用方法
会員情報確認
・・・・・・
会員パスワードを
お忘れのお客様
・・・・・・
お友達をご紹介
お友達もあなたも
得するポイントを
最新・開発商品・シークヮーサー美ゅら抹茶
シークヮーサー・ノビレチン について
輝く健康プレゼント
個人情報保護方針
モリンガ専門店・サイトマップ
 
お問い合わせボタン
モリンガ専門店・会社概要
訪問販売法
卸売について
 
≪お知らせ≫
モリンガとは? のページ、種の詳しい写真を  アップしました。・・・・・・
モリンガハウスの12月の状況を写真でお知らせしてます。・・・・・ 
モリンガのサヤ状に実った1月の種の写真をアップしました。・・・・・・ 
モリンガ畑の近況をお知らせしてます。2015.5月・・・・・
お買い物ポイント』導入についてのお知らせです。 
三光リッチフーズ:モリンガ専門店のトレードマーク
 
モリンガ専門店・リンクボタン
リンク歓迎です。
ご自由にどうぞ
 
 
モリンガ樹木とは?
 
 モリンガ樹木の原産国〜沖縄県での生産
モリンガ樹木が今年も元気に育ってます。
モリンガ樹木:夏の成長期には葉も青々として勢いよく成長していきます。
 
  モリンガの花です。2013年夏、今年もキレイな花を咲かせてます。  モリンガの実(サヤ状)です。
  モリンガの花
今年もキレイな花が咲いてます
  元気に育ったモリンガの実です
(長さは50~90cm程)
   サヤに入ったモリンガの種の写真です。 
  今年,2013年10月に採れたサヤに入ったモリンガの種です。 
  サヤに入ったモリンガの種の拡大写真です。 掌にのせたモリンガの種です。
  モリンガの種はこの様に
サヤの中に縦に並んで入ってます。
掌にのせてもこんなに大きいんですヨ。
     
  モリンガ樹木は12月でもこんなに元気に育ってます。 
  2013.12月、モリンガ樹木はハウスの中でこんなに元気に育ってます。
   
  モリンガの花が12月でもハウスの中だとアチコチに咲いてます。 
  12月でもモリンガの花はハウスの中でアチコチに咲いてます。
 
   
   
  モリンガの種子のサヤがたわわに実ってます。 
  モリンガのサヤ状の緑色の種が1月にはこの様に採取可能な状態に。2014.1月
     
    
 モリンガの正式名称は、モリンガオリフェイラ(Moringa Oleifera)で、原産地はインド北部地方です。
  栄養価に優れた植物であることから遠くアフリカ及び東南アジアへ移植され、多くの地域で美容〜健康面全般で活用されてきたようです。 
  原産地であるインドにおいても歴史的にも古くから活用され、5000年の歴史あるインドの民間療法“アーユルヴェーダ:Ayurveda”へも、モリンガ樹木の名称が記載されていて、300種以上の病気の治癒と予防に用いられてきたとの記述がある様です。
  “アーユルヴェーダ”は奥が深く、容易に理解が出来ない領域だと思いますが、もし、至極簡潔に表現することが許されるならば、 
  『自然の力で病気を寄せ付けない体をつくる』ことがその基本の考え方であり、現代社会の言葉で表現でするなら、『予防医学』的なことと言えると思います。
 その点でもモリンガは、医療費負担が莫大な財政負担となってしまっている現代社会には必要不可欠な樹木・植物であると言えるでしょう。
 
  当然とも言えるかもしれませんが、モリンガ・Moringa Olleiferaは、諸外国、ヨーロッパ〜アメリカまで健康食品、美容関連商品分野でも人気が高く、時代にマッチした本当に貴重な樹木といえます。 
 
    日本国内の露地栽培の北限は沖縄県(琉球列島)の地域だと思われます。モリンガは寒さに弱く、原産国のインドは熱帯性〜亜熱帯気候なので理解できます。沖縄県以外の九州地方及び九州以北でも栽培が試みられていますが、気候全般の樹木との適合性、そのことによる樹木の生長度合い、葉の厚み、冬季の霜の影響等、沖縄県での栽培と比較すると著しい違いが出てきます。
 
   沖縄県で近年の本格的な栽培が始まる以前に、モリンガ樹木が持ち込まれたのは、戦後に東南アジア、ブラジル等から往来する人たちによって、お土産等として種が持ち込まれ、庭木として植えられたという経緯があるようです。
   
   現在では沖縄県内でもとても少ないのですが、通りがかりに庭先で大木となったモリンガを見かけることがあります。
庭木として植えてあっても、その庭のお家の方はその樹がモリンガ樹木であることを知らないということもある様で、モリンガ樹木を原料とした商品が販売されるようになってからモリンガに気が付かれる方も実際にいらっしゃいました。
 
   本格的に沖縄県内で栽培が始まったのは2006年頃からで、その当時はモリンガという樹はもちろん、その名称さえ知らない人たちが大勢いました。
今では、徐々にモリンガの知名度も上がってきておりますが、その当時は本当に極僅かの人にしか知られていない植物だったのです。
 
   モリンガ樹木が未だ未だ世に知られていない2007年頃、沖縄県内での産業界全般でもビッグイベントと言える、“沖縄の産業まつり”へ県内初(おそらく国内でも初)のモリンガ茶を出品しましたが、来場者のほぼ100%の人がモリンガのことを知りませんでした。
  会場へ訪れた東南アジア方面の方々はさすがにモリンガのことを良く知っていました。○○料理に合うのだとか、○○のような料理に薬味的に使うとイイのだとか色々とお話しをしてくれてました。 
 
  2018年4月5日記
最近では、那覇市内の住宅街を通ったりすると、モリンガ樹木を見かけるようになりました。当店でも以前に“沖縄の産業まつり”等でモリンガの“太い根付きの幹を”販売したり、種をプレゼントしたりしてましたので、その影響が少しは出てきたのかな?と嬉しく思ってます。
 
 ・・続きは、近況などを含めて早めにお伝えをしていきます。
 
   〜以下はモリンガの栽培風景です・ご興味がおありの方は参考にして下さい〜
 
  元気に育つモリンガ樹木のハウス内の様子です。 
  @ モリンガ農園・10月のハウス内の様子です。
   
  A モリンガ農園・ハウス内・
  収穫間もないモリンガ畑の様子です。 
  B 1月収穫直後のモリンガです。冬季でも安定した収穫が可能なハウス栽培
*亜熱帯の沖縄県でも冬季は一般露地栽培だと生育が止まり収穫が出来ません*
   
  元気なモリンガの新芽です。 
  C モリンガの新芽・2月収穫後1週間程で新芽が出てきます。
   
  元気に新芽を出すモリンガの切り株です。 
  D モリンガの収穫後の枝ぶり:大凡1m位の高さで剪定をして、収穫を行いますが、
剪定をしたその横から新しい枝が出て、@の写真のように大きく成長します。
   
 
 
 ↓↓↓ モリンガ各商品のご注文は下記のページへ ↓↓↓
モリンガのギャバ・パワーで快眠・快適生活を
モリンガ茶の写真です。  モリンガパウダーの写真です。 モリンガ粒・ケース入りの写真です。
 人気の定番モリンガ茶 モリンガパウダー   モリンガ粒
・クリックするとトップページ・各商品の説明欄へ移動します・ 
 
 
 
モリンガ葉のカット写真です。   お気軽にお電話、メールにてお問い合わせを下さいませ。
  三光リッチフーズ・“モリンガ〜食の自然回帰専門店”
  TEL 098-861-4970  FAX 098-861-4966
 

三光 リッチ フーズ
〒900-0013
沖縄県那覇市牧志3-2-62-2F
<沖縄三越向い・平和通り入口際>
TEL 098-861-4970
FAX 098-866-4971
e-mail:
johna@glocore.com
Copyright (C) 2009 Sankou Rich Foods All rights reserved.
Update 2009.07.07